祝!横浜FC J2優勝

J2で横浜FCが優勝を決めた。

横浜FCは創設8年でJ1に昇格。よく頑張った!
「フリューゲルス」の流れを汲む横浜FCの昇格は喜ばしいことだね。

これで来シーズンは『横浜ダービー』で盛り上がるだろう。

現在J1ではいくつかダービーマッチがあるけど、個人的には『ダービー』は同一県までじゃないかと思う。

『九州ダービー』なんて範囲広すぎだろ。来シーズンはなくなるかもしれないけどね。

『さいたまダービー』『横浜ダービー』は同じ市。
『大阪ダービー』『静岡ダービー』は同じ府県。
この4つまでが許せる範囲だな。
(川崎と横浜のゲームは「神奈川ダービー」って言うのかな?)

ただ、C大阪がJ2に落ちたら『大阪ダービー』はなくなっちゃうし、
柏が昇格した場合、ジェフとの『千葉ダービー』が復活するわけで、
C大阪と柏には頑張ってもらいたいものだ。

対甲府戦&対FC東京戦

甲府戦とFC東京戦は中2日なので、両方まとめて感想を書いてみよう〜

11月23日 対甲府戦

浦和3-0甲府


前半ワシントンがPKを2回はずした時は「ヤバイ」と思ったが、
後半開始早々に点を入れられたことで勝てたって感じ。

甲府からしてみれば、1人退場になったが、GKが2度もPKを止めたことで
「行ける」と思ったことだろう。

ワシントンも汚名返上、面目躍如といったところだね。
1点取ったことで、数的優位を生かして追加点を取ることもできた。

甲府は退場者がいなければ、もっと競った試合が出来たかもしれない。



11月26日 対FC東京戦

浦和0-0FC東京


今日勝てば優勝だったが、FC東京は目の前の胴上げを阻止すべく
持ち前の攻撃的サッカーを展開してきた。
ホームではG大阪も川崎も退けているので、浦和もという意気込みだっただろう。
結果はドローだったが、FC東京のゲームといってもいいくらいの内容だった。
よく引き分けたよ・・・

FC東京よ、なぜ平山を出してくれなかった。
平山がスタメンだったら、勝てたかも知れないのに・・・。

とにかく右サイドの石川の出来がよく、再三サイドからいいボールが中に入れられていたが、最後のところではずしてくれていたという感じ。

後半は山岸のスーパーセーブがなければ、2〜3点取られていてもおかしくなかった。

レッズの選手はなんか動きが硬い感じだったね。


優勝は最終節に持ち越しになった。
負け惜しみではないが、ホームで優勝を決めたほうがいいでしょう。

最終節、直接対決で勝利して優勝を決めて欲しい。
ワシントンには2得点をあげ、得点王を取って欲しい。

浦和が圧倒的に有利な状況だが油断は禁物。

12月2日はテレビを見ることは出来ないが信じてるよ〜

対名古屋戦

11月18日 対名古屋戦

浦和0-1名古屋


恐れていたことが起こったよ。まるで前節を見るようだったね。ただし勝敗は逆だけど。
浦和は圧倒的に攻めたのに、ボールがゴールマウスに入ることはなかった。
名古屋はワンチャンスをものにした。
サッカーってこんなもの。ゲームを支配しても勝つわけではない。

現在の浦和の戦術はワシントンの出来にかかってるから、ワシントンを押さえられると苦しい。

今回いつもの3バックではなく4バックだったが、これに関しては今後もこれでいけるのではと思った。闘莉王が攻めあがったときのことを考えての内館の起用だったんだろうけど、相馬が見たかった。
4バックのほうがアレックスと相馬を両方生かせると思う。


今回負けたけど、次はホームゲーム。
甲府も侮れないチームだが、ホームなら負けられない!勝つのみ!
その次はアウェーでのFC東京戦だから、油断できない。

残り3試合、全部勝てば念願の優勝だ。全勝するゾ〜


余談:「SPORTS Yeah!」の浦和レッズ特集号を買ったよ。

対横浜FM戦

11月11日 対横浜FM戦

浦和1-0横浜FM


リアルタイムでテレビで見たのだが、Jスポーツでもう一度ゆっくり見た。
大変面白い試合だった。
さすが横浜FM、地力はあるな〜
現在の順位が不思議なくらいだよしょんぼり

決勝点は実に鮮やかだった。
啓太が奪ったボールを永井が絶妙のパス。
それをポンテがゴール前に折り返し、山田がゴール!
山田、よく走ってた、さすが!!

そして、やはり闘莉王の存在。
前節は闘莉王が出場停止だったから負けたといってしまうと、他のDFに悪いのだが、この試合を見ると闘莉王がいるといないでは大きく違うなって思う。

後半終了間際〜ロスタイムの横浜の怒涛の攻めをことごとく跳ね返していたのは闘莉王だったからね〜
まさに『鬼神』のような活躍だった。

DFにけが人が多く、坪井・堀ノ内がいない今節、内館・ネネ・闘莉王の3バックで完封できたことは今後のためにもよかったし、ワシントンや長谷部も献身的に働いていて、チームがひとつになって『優勝』に向かってるな〜って印象だ。


2位のG大阪と3位の川崎が負けたことで優勝に大きく近づいたが、まだまだ油断は禁物だ。

名古屋・FC東京など手ごわい相手との対戦がまだあるし、最終節にG大阪との大一番が残っている。
気持ち的には早く優勝を決めて欲しいが、最終節まで決まらないほうが面白いとは思う。
どうなるんだろうね?

対磐田戦

10月28日 対磐田戦

浦和2-3磐田


試合を見ていないのでよくわからないが、新聞を読んだ限りでは、
前半ばたついている間に点を取られた様子。

今まで勝ってはいても、強さを見せつけての勝利ではなかったから、
いつ負けてもおかしくはない状態だったので、この敗戦はまあ納得。

しかし磐田相手のアウェー戦はホント勝てないね。

今回も疑問の残る判定があったようだし、日本の審判はもっと勉強して欲しいものだ。
ひじうちは一発レッドでしょ。
判定基準は明確にすべきだな。

まだ底力のあるチームとの戦いが続くから、気を引き締めていかないと逆転で優勝を持っていかれちゃうぞ〜。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sports Bet

blog ranking

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM