天皇杯

天皇杯 四回戦 対愛媛FC戦

浦和0-2愛媛

最低の試合。
まさに悪夢だよ。
レッズはリーグ戦でも下位チームに取りこぼすことはよくあるんだけど、J2相手に完敗だもん。
弱かったころのゲームを見ているかのようだったよ。

愛媛は負けても失うものはないから、本当にのびのびやっていたね。
本来レッズがやらなければいけないサッカーをやっていたと思う。
現在J2で10位みたいだけど、来シーズンは上位に食い込んでくるだろう。

それにしても、今回で選手層の薄さを露呈してしまった感じがする。
長谷部の出来も悪かったしね〜
長谷部が本来の出来だったら、多分前半に得点挙げられただろう。
そうなったらレッズの一方的なゲームになった可能性もあったんだけどね。

こうなってくると、リーグ最終戦の横浜FC戦も雲行きが怪しくなってきたね。
レッズはひいて守る相手には攻めあぐねるところがあるから・・・

選手がボールを持ちすぎて、攻撃に時間がかかりすぎていると思うので、もっと単純に攻めたほうがいいんじゃないかな?
次はポンテもワシントンも出てくるだろうから、この試合とは違った攻めが見られるだろうな〜
期待してるよ。

天皇杯三連覇の夢は絶たれたけど、リーグ連覇は成し遂げて欲しい。

Jリーグ 第33節

第33節 対鹿島戦

浦和0-1鹿島

今日優勝を決めてくれると思ってたので、がっくりだよ悲しい

前半はまともにシュートすら打てないようなチグハグだったなぁ。
鹿島もウザイくらい積極的にボールを取りに来てたしね。

前半終了間際に鹿島に退場が出て、1人少なくなって俄然有利になったはずなんだけど、一瞬の隙を突かれて失点。
今までは何とかああいう場面も抑えてきたんだけど、今日はソレができなかったね。

やはり7連勝は伊達じゃないな。
多分、今リーグで一番良い状態なのは鹿島だろうね。
「奇跡の逆転優勝」に向けて選手の意思統一も出来てるみたいだし。

だが、しか〜し。優勝するのはわれらがレッズだよ。
今日負けて順位が逆転していたらやばかったけど、まだ有利であることに変わりはない。
次に勝てばいいこと。
闘莉王が次節出られないのは痛いが、まあ大丈夫でしょう。

最終戦の相手は降格が決定している横浜FC。
アジアチャンピオン相手に最後の意地を見せるか?ってところだね。
相手を舐めてかかると足元をすくわれることもあるから、気を引き締めて臨まないといけないね。

最終節で優勝決定して、鹿島の落胆した顔を拝ませてくれ!

Jリーグ 第32節

第32節 対清水戦

浦和0-0清水

水曜にACL決勝を戦い、日曜リーグ戦という厳しい日程の中、よく引き分けたと思う。
清水は調子良いし、はっきり言ってこの結果は上出来でしょう。
後半はかなり押してたしね。

両チームとも守りが固いから、ペナルティエリア内での決定的な場面は少なかったなぁ。
中盤での攻防もスピーディーで見ごたえがあったね〜。
ファウルも少なくていい試合だったと思う。

優勝は決められなかったけど、あと1勝すれば決まるんだから次で決めて欲しいなぁ。
次も強敵、現在7連勝中の鹿島。
また厳しい試合になるのは想像できるが、モチベーションは高いので良いゲームが期待できるだろう。

もちろん鹿島も勝てば逆転優勝の望みがつながるわけだからね〜
モチベーションはレッズ以上かもしれないね。

運命の大一番は24日。
何の予定もないので、テレビ観戦して勝利祈願じゃ!

ACL 決勝

ACL 対セパハン戦

一戦目:浦和1-1セパハン
二戦目:浦和2-0セパハン
トータル:浦和3-1セパハン

やった〜!浦和レッズ、ACL優勝〜祝

第一戦のこと書くのわすれてたけど、一戦目はアウェイで1-1の引き分け。
高地のでゲームはかなりきつかったと思う。
そのアウェイで点を取っての引き分けは価値がある。

ポンテのビューティフルゴールで前半終了間際に得点したが、
後半開始早々の失点はいただけないね。
油断があったかな?


そして、運命の第二戦。
平日にもかかわらず6万人近くものサポーターが終結。
アウェイのイランにも数百人が行っていたからね〜
熱きレッズサポには、ホント頭が下がるよ拍手

セパハンは一戦目よりも、攻めてない印象だったなぁ。
レッズの守備が、決定的な場面を作られる前に上手く対処できていたからかもしれないが・・・

一点目のシーンは、ビデオを冷静に見てみるとオフサイドくさいが・・・審判が取ってないんだからいいね(*^▽^*)
永井らしさが出たいいシュートだったね〜

以前の永井はドリブルで突破してもシュートを浮かしてしまうことも多かったが、今シーズンはいい感じだハート

ワシントンも惜しいロングシュートがあったが、
あれが決まってれば面白かったのにニコニコ

前半、セパハンの唯一といってもいい決定的な場面があったが、
サポーターの声援でGKの声が聞こえなかったみたいだね。
闘莉王の「聞こえない」って言ってるのが映ってた(笑

後半になってようやくセパハンも積極的に攻めて来たが、
やはりレッズは最後のところで跳ね返されてたね。
枠にとんだシュートはあったかな?っていう印象だよ。

2点目は後半26分くらいかな、ワシントンが落としたところに
またも永井が鋭いシュート。
GKがはじいたところに阿部チャンがいて、ヘディングで押し込んだ。
阿部ちゃんは全盛期の武田のような絶妙なポジショニングだったよ。
阿部ちゃんは世界に目を向けて、レッズに移籍してきただけあって
ACLでは攻守に大活躍だったね。
もちろん、リーグ戦に置いてもだけど。

後半、DFラインが下がる悪い癖が出たが、あまりハラハラするような場面はなかったなぁ。
セパハンはアウェイのときほど怖さを感じなかったのは、
勝っても負けてもクラブワールドカップ(CWC)の出場が決まってたから?

なんにしても、コレでアジアチャンピオンとしてCWCに出場だ!
ひとつ勝てば、ACミランと真剣勝負!
コレは楽しみだよ。


レッズがACLに優勝したことで、来年のACLはJリーグから3チームが出場できるようになったらしい。
レッズが前年度優勝チーム、G大阪が2006年天皇杯準優勝チーム(優勝はレッズ!)、そして今年度のJリーグ優勝チーム。
リーグ優勝がレッズでG大阪が2位の場合は3位が出場らしい。
現時点では鹿島が有力だね。

来年も日本のチームがアジアを制するかもしれないね。
もちろん、レッズは連覇を目指しますよ!

Jリーグ 第31節

第31節 対川崎戦

浦和1-1川崎

正直なところ、よく引き分けた。
選手のコンディションは最悪だったみたいだね。
ジャッジに助けられた部分も大いにあるだろう。
でも、中村憲剛もマギヌンもいなかったから『勝てるゲーム』だったはずなのにもったいないことをしたね。

PKはワシントンの上手さが出たと思う。
あの巨体がユニフォーム引っ張られたくらいで倒れるとは思えないもん。
でも、あそこの場面、上手く相手に体を預けてファウルをもらったわけで、ああいうプレイができるのがワシントンのいいところだね。
ポストプレイも出来るし、足元の上手さもある。
来期もワシントンには残って欲しいよなぁ。

失点の場面は、ACLの時と同じような感じだったね。
ゴール前で相手選手をフリーにさせちゃまずいよ・・・

このあたり修正の必要があるように思うが、短期間では難しいかな?

残り3試合、1勝2分けで十分なんだけど、全部勝つつもりで行かないとダメだろうね。
ここまできたら、気力で勝つしかないか?

サポーターの応援が見えない力となってきっと勝利に導いてくれるでしょう。
私は精一杯、テレビの前で応援するよ。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Sports Bet

blog ranking

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM